ヘアカラーの色に悩んだら??

ヘアカラーをするときに何色にするか悩みませんか?

自分で似合う色とかわかっている方は簡単に選べますが

わからない人は一苦労しますよね~

そこで

カラーリングの色選びのコツとは?
カラーバリエーションが豊富になっているので、
たくさんの色の中から選ぶのに戸惑ってしまいませんか?

カラーリング剤は少なからず髪にダメージを与えるので、
あまり頻繁にカラーを変えることはできません。
見た目のイメージに大きく影響するので、
自分に合ったカラーリングの色を慎重に選びたいものです。
ここではカラーリングの色選びの方法とは?。

瞳の色、肌の色、顔立ちで選ぶ方法
日本人の瞳の色はブラックが殆どですが、
欧米人の瞳の色は明るい色が多く、
生まれつきの髪色も明るい人が多いです。
瞳の色に合わせるなら日本人の場合、
ダークブラウン系が似合うことになります。
肌の色も同様でピンクベージュ系の人は明るい暖色系、
オークル系の人はナチュラルな寒色系が似合います。
白い肌で頬がピンクの人はピンクやレッドがかった
ブラウン、ベージュ系ブラウンが似合います。
顔立ちで選ぶなら女顔、丸顔の可愛らしいふわっとした雰囲気には明るい色、
男顔、面長、逆三角形のシャープな雰囲気には暗めの色が似合います。

髪質で選ぶ方法
髪質が太くて硬い人はカラーリングの仕上がりで
赤みが強く出やすいので、アッシュ系かゴールド系
ブラウン、イエローベースのヘアカラーを使用する
と赤くならず、ナチュラルな仕上がりになります。

髪質が細くて柔らかい人は逆に仕上がりが黄色っぽく
なるので、ピンク系、オレンジ系をベースに選びます。
ブラウンならピンク系などで染めると仕上がりが自然
になります。
尚、髪の量が多い人はどうしても重たい印象になるので、
明るいカラーを選ぶことで軽めのイメージになります。

パーソナルカラーを参考に選ぶ方法

「パーソナルカラー」とは肌色や唇の色、眉の色など
その人固有のカラーのことで、自分に似合う髪の色を
選ぶ時に参考になります。

青みがかった肌色、ピンク系リップが似合う唇、
黒い眉はブルーベースで、髪の色はレッド・レッド
ブラウン・ピンク系など赤みのある色が似合います。

黄色がかった肌色、オレンジ系リップが似合う唇、
茶色っぽい眉はオレンジ・イエロー・ベージュ・
アッシュ系など赤みを抑えた色が似合います。
パーソナルカラーを参考に髪の色を選べば、仕上がりがナチュラルです。

一番は担当美容師に髪の仕上がりイメージを伝えて
なりたい印象などからパーソナルカラーを取り入れた
カラーをすることをオススメします!

2017ヘアカラートレンドは (ミルボン資料より)

フェミニティアッシュピンク

赤みをやわらげ、青紫系をベースにした透明感ピンク。「アッシュやマットみたいな寒色系のカラーリングが好き」という人でもトライしやすい。幼く見えない甘さが演出できて、よりナチュラルでカッコいい理想の女性像へ導いてくれる色。

フェミニティピンク

彩度の高い赤紫系をベースにした透明感ピンク。濁りのないピンク味を感じられ、黄味が強い髪色の人におすすめ。毛先まで均一な発色がもたらす上品なツヤ感で、モード感のあるカッコいい女性らしさが実現。

 

 

睡眠不足は髪にもよくない

睡眠不足が健康に良くないというのは
わかっていてもついつい夜更かしして
しまいませんか?

やりたい事があったり、
やらなければならない事があったり
寝たいのになんとなく眠れなかったり

しかし、その積み重ねが薄毛の原因にもなっているのです

やはり睡眠不足は美容の大敵です

人間の身体は、毎日、髪や肌、爪などが作られていますが
これらは成長ホルモンのおかげなんです

成長ホルモンは、細胞分裂を促進させたり
損傷を受けた細胞を再生させるホルモンです

タンパク質から髪の毛を合成させる働きもあるのです

成長ホルモンが分泌が充分な量であれば
髪の毛は丈夫で健康な髪に成長し、薄毛になりにくくなります

そして睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減少し、
髪の毛に必要なタンパク質の合成が十分に行われなくなることから
薄毛の原因となってしまうのです

「夜10時から午前2時までがお肌のゴールデンタイム」
というのをご存知です?
これは成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるのが、
この時間帯だからなんです
そして
「お肌のゴールデンタイムは、育毛のゴールデンタイム」
でもあります

なるべくこの時間帯は睡眠時間に当てたいですね

寝付けない人の睡眠対策は、
昼間に太陽の光に十分当たったり、
運動を多くすることです
それによってメラトニンという睡眠物資が
体内で多く作られるようになるのです

メラトニンとは、脳の中心にある松果体という
場所から分泌されるホルモンで

このメラトニンの分泌は、光の量によって増減し
深夜の2時から3時くらいがピークになり、
その後、朝の7時から9時頃にかけて減少していきます

メラトニンの量は光の量とも関係するので、
夜寝る前には、部屋の照明少し暗くしたり
テレビやパソコンも控えた方がいいでしょう

就寝前の数時間は、部屋の照明を少し暗くし、
テレビやパソコンも控えましょう

また、メラトニンは、必須アミノ酸のトリプトファンから作られるので
食事からトリプトファンなどのアミノ酸を摂取することも大切です

トリプトファンを多く含む食品は、赤身の魚(サンマ、マグロなど)や
肉、大豆製品、乳製品、くるみ、ゴマ、ふ、落花生などです

髪のストレス老化

髪のストレス老化

疲れや心の悩みなどによる髪のストレス老化

白髪は抜かずに疲れやストレスを解消する疲れやストレスで髪が老化することもあります。次のようなことが気になる人は注意。

□睡眠不足が続いている
□白髪が急に増えた
□心配事や悩み事を抱えている
□運動などでうまく気分転換ができない

ストレスや疲れ、睡眠不足なども髪の健康に悪影響を及ぼします。ストレスで緊張感が持続すると交感神経が働きすぎて、血管を収縮し血行が悪くなったり、汗をかきにくくなり、老廃物が溜まったりします。また、胃腸の働きも低下して腸が十分に栄養を吸収できなくなり、せっかく食べた栄養が体に行き渡らなくなります。

髪に栄養を運んでくれるのは血液。十分な栄養を血液の中に含ませ、血行を促進して栄養をたっぷり含んだ血液を髪の成長に関係する毛乳頭まで届くようにしましょう。

いい睡眠は緊張感を取り除き、副交感神経を働かせて血行を促進します。髪は肌と同じように、夜の睡眠中に成長や再生を繰り返します。深夜過ぎまで起きていたり、昼夜逆転の生活では髪は成長できないので、規則正しい生活を心がけましょう。

ゆっくりお風呂に入ってリラックスして汗をかくのは、手頃なストレス解消法。さらにガイドがよく行なうヘアパックも試してください。小さじ1杯分くらいの椿油を指の腹につけて頭皮全体に馴染ませ、ブラッシングとマッサージをした後、10~20分ほど蒸しタオルをターバンのように髪に巻いて汚れを浮かせます。蒸しタオルを取ったら軽くもう一度ブラッシングしてからシャンプーすると、髪がツヤツヤ、頭皮はさっぱりして気持ちがいいですよ。

白髪は年齢を感じさせるサインだと気にして、せっせと抜いてしまう人も多いようです。白髪が生えるのは、髪の黒い色を作りだすメラニン色素の量が低下することで、色素がない白い毛が生えてしまうのです。
白髪の原因については、ストレスや年齢などが考えられますが、詳しいことはまだわかっていません。

激しいストレスで一時的に白髪が多くなった場合は、そのストレスから開放されれば、また黒髪が生えてくることが多いので、なるべく早くストレスの原因を見つけて対処するようにしましょう。

それ以外の場合は白髪を抜いても次にまた白髪が生えることが多い上、無理に抜くことで毛根が傷つくので、どうしても気になる場合は抜くのは避けて切るようにしましょう。