店舗一覧open

NICO 本原店

PIKO 東長崎

PIKO めがね橋店

RIT FAMILY(Z)

ブログ

NICO 本原店PIKO めがね橋店PIKO 東長崎店RITFAMILY(Z)ヘアカラーヘアケア |
ヘアーカラーをしている方はケアが大切になります。

ヘアカラーを繰り返した髪の表面
t02200183_0276023013107469644
ヘアカラーは髪の表面に負担がかかっています。
キューティクルがはがれたり、CMCが損傷しているので、
キューティクルとCMCの補修が大切です。

ケアの仕方は?

ヘアカラーのヘアケア キューティクル CMCが不足しています。

1シャンプーは保湿系かヘアカラー専用シャンプーがいい
洗浄力が強いタイプを使うと褪色しやすい洗浄力がマイルドなのがいい!

2流すトリートメントの長置きはしない
洗い流すトリートメントは髪の内部に浸透してケアするものいいと思うが
その分カラーの流出につながります。長置きは注意!

3すすぐ時はぬるま湯で!
お湯の温度が高いとキューティクルが開きやすくなります。
ひらいた隙間からカラーが流出なんてことがあります。

4洗い流さないトリートメントをつける
髪の内部を補充し、髪の表面をコートして守ります。

5髪をなでるようにドライして色ツヤUP!
なでるようにドライするとキューティクルの方向
が整います。ツヤがアップして色がきれいに見えますよ!

おすすめアイテム

CMC003

CMC003pop

キューティクル 内部も補修してくれます。

毎日つけることでコンディションUP
img01
ベルガモットシャンプー

マイルドな洗い上がりになります。

o0225029013348992260
UVミスト

紫外線はヘアカラーの天敵ですよ!

長い文章お付き合い頂きありがとうございました。
もっと詳しく知りたい方はスタッフまで!
ケアの仕方は一人一人違います。
自分にあったパーソナルケアが必要です!
アドバイスしますよ!

メールでのお悩みはこちらから

NICO 本原店PIKO めがね橋店PIKO 東長崎店RITFAMILY(Z)ヘアケア |
質問いただきました。ドライヤーを使うよりも自然乾燥がいいですか?

ドライヤーを使うよりも自然乾燥のほうがいい?

答え→ 髪は熱に弱いですがドライヤーは必要。正しく乾かすことが大事。

熱風も髪にダメージを与えますが濡れたままでも髪に悪いんです!

タオルドライをした後、そのまま自然乾燥させるかドライヤーで

しっかり乾かすか悩むところですが、ドライヤーは使わざるをえない

というのがこの質問に対する回答です。

基本的にドライヤーというのは髪にとってよくありません。

高温の熱風が髪に当たると髪を構成するケラチンというタンパク質が

変性してしまうので髪が傷んでしまうんですね。

しかし、髪を濡れたまま放置しておいても水分を含んでふくれる膨潤

という状態になって髪が脆く切れやすくなりますし、頭皮が湿ったままだと

雑菌が増えてしまうのでニオイがでてきてしまいます。

冬場などは自然乾燥を待っていたら寒くて仕方ないという事情もあると思います。

ということで、髪にドライヤーの熱風を当てるというのはよくないことではありますが、

そのまま放置しておくことのもそれはそれで問題なのでドライヤーで乾かしたほうがいいです。

もちろん、髪が短ければタオルドライで十分乾くと思うのでそういう場合は

無理にドライヤーを使うことはないです。使う必要のないドライヤーは髪と

頭皮にとっては弊害でしかありませんので。

朝シャンする人が気をつけないといけないのは、塗れたままの髪はキューティクルが

開いた状態でもあるのでその状態が長時間続けば当然、 うるおい成分や栄養分が

流れ出てしまい乾燥につながるということ。そして紫外線に対する防御力が

弱ってしまうので生乾きのまま外出すると紫外線ダメージを強く受けてしまうということです。

髪も火傷するので正しくドライヤーを使うことが大切!

ドライヤーを使う場合は、極力髪にダメージを与えないやり方をする必要があります。

基本となるのはドライヤーと髪の距離を近づけすぎないこと。髪から15~20㎝以上

離して使うようにします。髪を持ち上げて 乾きにくい髪の内側や根元から先に乾かすようにします。

熱風を一か所に集中して当ててしまうと髪火傷の原因になるのでドライヤーを

動かしながら細かくブロッキングして乾かすようにします。

温風と冷風を交互にあてる、地肌が完全に乾き、毛先が少し湿っている程度で済ませるのがコツです。

できるだけ短時間で済ませたほうがいいというのはいうまでもありません。

他にもドライヤーによる髪火傷を防ぐ方法としては低温ドライヤーというものもあります。

使ったことがないのでその実力や効果のほどはちょっとわからないのですが、

使っている人に聞くと好評です。試してみる価値はあるのではないでしょうか?

なお、ドライヤーがこれだけ慎重に扱わなければいけないものということを考えると

ヘアアイロンはなおさらだということはお分かりいただけるのではないかと思います。

ヘアアイロンはドライヤーと違って髪から離して使うなんてことはできないので

髪火傷は避けられません。髪火傷はキューティクルにダメージを与えるだけでなく、

ケラチンを変性させてしまうので、まぁヘアアイロンをする人は美髪はあきらめたほうがいいと思います。

ヘアドライヤーのおすすめは

images20150120115840

 

魔法のドライヤー『ヘアビューザー2』価格 22,500円(税抜)

こちらは注文商品になります!スタッフまでお尋ねください!

NICO 本原店PIKO めがね橋店PIKO 東長崎店RITFAMILY(Z)ヘアケア |
秋になると抜け毛やダメージが目立つのはなぜですか?

秋になると抜け毛やダメージが目立つのはなぜですか?

回答⇒   夏のダメージの蓄積+湿度の低下で乾燥するから

秋に抜け毛が増えるのは、毛が生え替わる時期だから

一般的に秋になると抜け毛が増えるといわれています。

この理由なんですが、動物の体毛が夏毛と冬毛とあって、

生え変わる時期には抜け毛が増えるように人間にもそうした

名残が残っていて 冬に備えて毛が生え変わる時期だから

秋になると抜け毛が増えるという説があります。なるほど納得です。

他には、夏の過酷な環境を乗り越えた影響はヘアサイクルの都合上、

少し遅れて秋になって表面化するということもあるといわれています。

お肌のほうも夏に受けた紫外線ダメージがシミやくすみになって

あらわれるのは秋になってからといわれていますから、髪もそれと

同じだと思ったらいいのかもしれませんね。

それから抜け毛について補足させてもらうと1日100本近くの髪が

抜けるというのは正常の範囲内だそうです。

また抜け毛で重要なのは本数よりも抜け毛の太さや長さ、毛根の状態です。

しっかり成長しきった毛が抜けているようであれば問題ありません。

秋は夏のダメージが表面化する季節

夏は髪にとっては一番過酷な季節です。

強烈な紫外線を浴び、皮脂や汗が大量に分泌されるので頭皮環境は

不衛生になりやすく、冷房の乾燥もあって髪や頭皮にストレスや負担がかかっています。

それがタイムラグを経て表面化するのが秋なので、秋は髪や頭皮の傷みが目立ちやすいわけです。

また、8月をピークに10月、11月というのは湿度がガクンと低下するため

湿度の低下を受けて髪のうねりや広がり、指通りの悪さを実感しやすいのも秋です。

これは季節的な要因といえますが、秋は湿度の低下によって髪の水分が

奪われがちなので注意しないといけません。

ということを踏まえて、秋になったら夏のダメージをリセットしつつ、湿度の低下

にまけないうるおいケアをして冬にむけた準備もしていかないといけないということです。

いつもと同じケアをしていては秋の髪の毛はパサつきやゴワつきが目立ってしまうということですね。

「夏のダメージの補修」と「乾燥対策」の2つを頑張るようにしましょう。

ヘアケアのコツとしては、常日頃の観察というのがすごく重要になりますし、

ヘアケアの正しい知識も必要です。 「知識×観察」が揃えば、その時々に

あった適切なヘアケアができるので1年中同じシャンプーやトリートメントを

使うということはせず、 季節や髪の状態にあわせて使い分けできるのではないかと思います。

 

re

症状に合わせて使い分けるにはこのシャンプーがおすすめです!

アジュバンRe:シャンプー

1 2 3 4 5 6 25
トップへ戻る