ヘアカラーの色はなぜ取れるの?

カラーの色はなぜ取れるの?

カラーした時より茶色になった気がするΣ(゚д゚lll)

せっかくいい色になったと思ったのに取れた~

あなたはこんな経験ありませんか?

カラーは髪のなかに入った染料がつながって、
発色することで色が見えています。

でもカラーの直後から染料同士のつながりは
少しずつ自然に壊れてしまい色味も失われてしまいます。

この状態を退色するといいます。

では どうして染料は壊れてしまうのでしょうか?

キューティクルが傷むとタンパク質が流れてしまう
のと同じように、染料も開いたキューティクルの隙
間から流れてしまうのです。

毎日のシャンプー 紫外線 ドライヤー プールの
塩素 日常のさまざまな要因で染料は退色してしまいます。

また 髪のダメージがすすめば すすむほど カラ
ーの退色はすすんでしまいます。

そこで大切なのが

ヘアケアです。

まずはサロンでヘアカラーをしたらその日はサロン
トリートメントをした方がいいですよ!

おすすめのケア方法はこちら

髪のトラブル やせ髪について

最近髪が細くなったとかないですか?

こんな危険性があるかもしれません。

髪の老化現象

髪の栄養不足によるやせ髪老化

髪の栄養補給には血行促進を次のような人はやせ髪老化の危険があります。

□髪が細く、コシもなく、切れ毛が増えた
□インスタント食品や加工食品をよくとる
□アルコール、炭酸飲料などをたくさん飲む
□冷え性で血行が悪い

髪の栄養に必要不可欠なのは、良質のタンパク質。その中でも、髪は「ケラチン」というタンパク質を中心にできています。無理なダイエットや加工食品に頼る食生活では、良質のタンパク質が不足しやせた細い髪になってしまいます。アルコールや炭酸飲料を摂り過ぎることで食事のバランスが崩れ、栄養が偏ることも十分考えられます。

髪を栄養不足にしないためにも、赤身の肉、鶏肉、魚、大豆などの良質なタンパク質をバランスよく食べましょう。できればこれらのうちの数種類を1日100gぐらい摂るように心がけてください。

また皮膚や爪、髪の毛の細胞が新しい細胞を生み出す力を高めるミネラルとして、「亜鉛」「マグネシウム」を多く含むナッツ類やカキ、卵、ラム肉、ヨーグルトなども摂るように心がけましょう。

ビタミンB群(ビタミンB1、B2、ビオチン、葉酸)も、髪を作り出す細胞の再生力を高めるビタミンとして不足しないようにしましょう。

最近では、髪の栄養を補給するためのマルチビタミンのサプリメントも販売さています。まずはバランスのいい食事を心がけ、それをサポートするためにサプリメントでビタミンやミネラルを補ってください。

マッサージで血行促進を!

生え際から頭頂部に向かって軽く指を押し当てながらマッサージすると頭もスッキリ!
タンパク質やビタミン、ミネラルなど髪を育てる栄養を、血流に乗せて届けるために、血行促進も大切です。

運動をして血行を良くしたり、頭皮のマッサージをするのもオススメです。ガイドがよく行なう頭皮マッサージは、髪の生え際から頭頂部に向かって10本の指の腹を頭皮に当てながら押します。爪を立てずに気持ちいい刺激で30秒ぐらい行うだけでも、頭がスッキリしますよ。

梅雨になりましたね~ 湿気と髪の関係は・・・

夏が近づくと気になってくることとして、湿気の存在があります。特に梅雨の時期は、雨が続き湿気のせいで、ヘアスタイルが決まらないという人も多いと思います。髪が広がるうねるなどのトラブルは湿気とセットです。
そこで湿気と髪の毛というテーマで、湿気と髪の毛の関連性、湿気対策ヘアケアということについて考えてみたいと思います。

湿気と髪の関係

湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。たとえば、もともとくせ毛の人は、髪が広がる、うねるなどの悩みを抱えるようになります、普段よりもくせがひどく出てしまうのです。髪の毛と湿気にはどのような関係があるでしょうか?
髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してまっすぐな状態を保てないのです。特にダメージを受けているとタンパク質が不足し、髪の内部がいびつになってしまいます。結果としてよりくせが出やすいのです。

広がり・うねりを抑えるヘアケア術

湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライです。
基本は髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。
洗い流さないトリートメントを付けて、根元から広がりをつぶすようなイメージで、風を当てて生きます。上から風を当てるとキューティクルがしまって、癖がつきにくいです。

そして、7~8割乾いたところで、ブローを始めます。仕上げは冷風でしっかりと水分を飛ばすことです。最後にはいつもよりも多めにブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで、水気を飛ばすことができます。

髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気にまつわるトラブルに見舞われる率が高いのです。
よって湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう。
いつもよりも多めのトリートメントを使用して、ダメージを減らすようにしましょう。洗い流さないトリートメントなども有効なアイテムです!

 

おすすめはCMC003です!