パーマがかからない。取れやすい。原因は?対策は?

せっかくパーマをかけたのに、
すぐにとれてしまったり、
持ちが悪かったり…。

パーマをかければスタイリングが楽になるはずだったのにと、
後悔しているかたもちらほらいるのでは

そんな方々に向けた、パーマがかからない原因と、

その対策について詳しくご紹介します。

パーマがかからない原因とは?

パーマをかけてもらっているのに、なぜパーマが

しっかりとかからないことがあるのか?

髪ダメージが進行している

パーマは、薬剤を浸透させて髪のたんぱく質の結合を
一旦断ち切り、カールやストレートにくせ付けした状
態で再結合させることで、かかるようになっています。
頻繁にパーマを繰り返すと、髪内部の栄養分が流出し
てスカスカの状態になり、薬剤の作用する部分が少な
くなってパーマがかかりにくくなってしまいます。
カラーリングも同様なので、普段からパーマやカラー
リングを短いスパンでかけている方は、髪のダメージ
が進行してパーマがかかりにくくなっている可能性があります。

コーティング剤が配合されたシャンプーを愛用してる

コーティング剤が配合されたシャンプーを普段から
愛用している方は、髪に被膜ができて、パーマの薬剤
がしっかり浸透せず、かかりにくくなっている可能性があります。

縮毛矯正をされている方

アイロン処理を繰り返しされている場合は、完全な再結合が
行われないと言う事です。
薬剤だけでなく熱を入れたりで物理的損傷も少なからず
考えられます。ダメージの差こそあれ、毛髪を変形する
以上は、現化学では必ずダメージがあると言う事。

対策

では、これらの原因に対して、どのような対策をとった
らいいのでしょうか?以下で、2つの対策をご紹介します。

まずは自宅でのヘアケアを見直しましょう

髪ダメージが進行している場合は毎日のトリートメント
ケアをしっかりと行う、コーティング剤が配合されてい
ない髪と頭皮に優しいシャンプーを使うなど、まずは自
宅でのヘアケアを見直しましょう。また、頻繁にパーマ
やカラーリングを繰り返していた方は、最低3ヶ月は間
を空けるなどして髪のダメージをこれ以上増やさないよ
うにすることも大切です。

パーマ施術前に担当スタイリストに相談を

髪ダメージが進行していてパーマがかかりにくい場合は、
あらかじめ担当スタイリストにパーマがかかりにくいと
いうことを伝え、髪の状態を良く見てもらってから、パ
ーマの種類や薬剤などを決めてもらうといいでしょう。

担当スタイリストに相談する時には、前回パーマをかけた時期、
どんなパーマをかけたのか、どのくらい持ったのか、普段使っ
ているシャンプー・トリートメントの種類、朝のスタイリング
方法などもしっかり伝えて、アドバイスをもらうようにしましょう。
その際、傷んだ髪のヘアケア法なども聞いておくと、キレイな
髪を維持するのに役立ちます。

自分の髪の状態を把握して、対策をとりましょう
フワフワのパーマヘアは女性の憧れ。パーマがかからない方でも、
対策をしっかりとればキレイなパーマがかかるようになります。

RITFAMILY(Z)ではキレイにかからないと事前に判断した場合は
パーマをかけない場合があります。担当スタイリストと相談して
いい状態を作ってパーマすることをおすすめします!

髪の毛をまとめたあと下ろしたら 頭皮が痛いけどどうして??

暑くなり髪の毛が長い方はまとめ髪が多いはず
こんな悩みありませんか?

今日はお客様からよくある質問です
それは、
髪の毛をまとめたあと下ろしたら
頭皮が痛いけどどうして??

なぜか??
原因は頭皮を引っ張ることで
頭皮の筋肉に負担がかかります
さらに
頭皮の血行が悪くなります
そして
神経が刺激されて痛みを感じるのです!

対処方法は
緩くまとめるが一番です!!

毎日結んでいると
結んだところが切れる
髪が抜ける
など デメリットもたくさんあるので
毎日は避けましょうね!!

くせ毛、ぺちゃんこの方へ 正しいシャンプーはあこがれヘアへの第一歩です

正しいシャンプーはあこがれヘアへの第一歩です
くせ毛に悩む方々にとって一番経済的で手短にできるのが、正しいシャンプー法です。

髪の健康を保てるだけでなく、実はくせ毛で悩む人たちにとっても知って頂きたいのが正しいシャンプー法で髪・頭皮を洗うということなのです。

シャンプーだけで完全にくせ毛を直すことはできませんが、ボリュームだったり、

ヘアアレンジなど行う上でくせ毛を個性と捉えることができるものと思います。

シャンプーの仕方を変えるだけで、貴方の悩みを少しでも改善させることができると思います。

あなたは間違ったシャンプー法で洗ってませんか?
そこで、まず自分のシャンプーが間違っていないかチェックしましょう。
Q1 シャンプーする前に、髪を十分濡らしています?
Q2 シャンプーは2度に分けていますか?
Q3 地肌(毛穴)を洗っていますか?
Q4 シャンプーはしっかり洗い流していますか?
Q5 シャンプーし終わった後、毛穴が呼吸していますか?
このチェックの中に、1つでもNO のところがあったら
シャンプーの仕方を、もう1度見直してみましょう。

シャンプー前の湯洗い

しっかりお湯洗いをします。 シャンプー剤を使う前のお湯洗いがとても重要です。

お湯の温度は、肌に負担の少ない、40℃前後。 髪全体をしっかりまんべんなく、

お湯で洗いましょう。このお湯洗いで、髪の汚れの約70%を洗い流すことが出来ます。

髪は、十分お湯で濡らしていないと、シャンプー剤を吸い込んでしまい泡がたちません。

泡がたたない代わりに、髪の内部にシャンプー剤を吸い込み、髪が重たくなります。

そうすると、動きがでずペタッとしたり、髪の艶が出にくくなります。

乾いたスポンジに洗剤をつけても泡立ちません。十分に水をふくませると泡がたちます。

髪もスポンジと同じ原理です

爪を立てず優しくシャンプー

シャンプーは、髪の表面の汚れを落とす作業です。*シャンプー剤をつけ、

十分に泡をたてて、毛穴を洗います。両手の指のはらを使って、指先に力を入れ、

頭にジグザクを描くように頭皮をしっかりとまんべんなく洗います。

頭皮を傷つけるので、爪は立てないよう気をつけて下さい。

両手でボールを持つような形にし、それを左右交互に上下に動かし、

顔まわりから、 首のつけねまで、はじからはじまで洗っていきます。

特に、クセの出やすいところはしっかり洗います。トリートメントorコンディショナーorリンスをつけます

十分にシャンプーを流し終わったら、水分を絞らず、ダメージの進行している毛先にまずつけ、

それを中間部分に伸ばしていくようにして全体になじませます。

キューティクルに逆らわず、根元から毛先に手ぐしを軽く通す感じで、

トリートメントを内部にまで浸透させます。

髪を洗い終わったらしっかりとドライアーで乾かすことも絶対に忘れずに行いましょう。

洗い流さないトリートメントも有効です!

RITFAMILY(Z)

今一押しのヘアケアはコレ

CMC003pop

bnr_yorupiko

 

bnr_new