冬の乾燥と寒さから髪と頭皮を守るケア

冬の乾燥と寒さから髪と頭皮を守るケア

ブラッシング時の静電気や乾いた
パラパラのフケは乾燥が原因
乾燥や寒さによるダメージを防ぎ、
ツヤ髪と健康な頭皮を手に入れるには

肌と同じように、髪や頭皮も乾燥によってダメージを受けています

洗顔後の肌がピキピキッとつっぱったり、手足がカサカサするなど、
乾燥を自覚しやすい冬は、肌の保湿をいつもより入念にしますよね。
ところが髪や頭皮についてはどうでしょう。
肌ほど乾燥を自覚にしくいため、特別なケアをしていない人がとても多いのでは。

紫外線の量や汗、皮脂の分泌が少ない冬は、髪や頭皮のダメージが
少ないと思ったら大間違い。髪も頭皮も肌と同じケラチン質からで
きていて、同じように乾燥でダメージを受けるんです。
ブラッシングしたときに静電気が起こるのは、髪の水分が足りない証拠。
乾いたフケがパラパラ落ちるのは、頭皮が乾燥して角質がはがれ落ちている可能性大なんです。

乾燥による髪の傷みは、トリートメントなどで守るのが基本

1シャンプーを洗浄力がマイルドなものに変えてみる!
2アウトバストリートメントをちゃんとつける おすすめはコレ
3しっかり乾かしてキューティクルを守る

頭皮ケアは
1頭皮用のシャンプーに変えてみる!
2潤いを与えるためにヘッドスパがおすすめ
3頭皮ケアもしっかり乾かすことが大切です!

髪の乾燥 フケなどでお悩みの方はRITFAMILY(Z)スタッフまで

ヘアケアで困っている方はRITFAMILY(Z)オリジナルヘアケア商品オススメします!

 

乾燥シーズン髪の毛広がってませんか?

乾燥シーズン髪の毛広がってませんか?

夏は湿気でフワフワ 冬は乾燥でパサパサ

広がる原因はいろいろある

パーマカラーなどのやりすぎによるケミカルダメージ
ドライヤーのあてすぎ アイロンしすぎ

まずはケミカルダメージについて
毎回ヘアカラーを毛先まで染めたり
明るくして暗くしてを繰り返し施術
するのはあんまりオススメしません。
傷まないように頑張ってもやっぱり
傷みます。根元だけ染めるとか傷む
施術をするときはサロントリートメ
ントを必ずしてください。

ドライヤーのあてすぎアイロンしすぎついて
乾燥するということはそもそも水分不足
ドライヤーやアイロンによる熱は髪が乾
燥します。ドライヤーをしないのもよく
ないですがやりすぎは注意です。

そこでオススメなのが 洗い流さないトリートメント

乾燥は水分不足

水分を保つものを髪に補う

そうすることでドライヤーの熱アイロンの熱に耐えられます。
(アイロンは温度に注意してあてる時間に注意してください。)

そこでおすすめがコレ

CMC003pop

もっと詳しくは

こちらへ

秋は抜け毛の季節?体、頭皮も疲れている?

最近抜け毛が多い気がする。そう思いませんか?

私もそうです。(゜д゜;)
シャンプーすると髪の毛が指に付いてきます。

でも大丈夫!

秋は抜け毛の季節?

一年のうち髪の毛が一番抜ける時期は9月10月と言われています!

夏場に受けた強い紫外線により体内の活性酸素が増大し体力が衰えます。

その影響が髪にも出てくると言われていて、体力の回復のために髪にまで栄養が行き届かなくなります。
夏の紫外線は肌と頭皮にダメージを与え髪を弱らせてしまうので注意が必要です!

もう一つ
毛変わりとも言われています。動物と一緒みたいですね。

だからと言って全部抜けるわけではなく少し抜ける数が秋に増えて冬に生えてくると言われています!

対策は?

夏場は紫外線を浴びない努力をする!
(帽子、長袖、外に出ない)
肌と頭皮にダメージを与えないようにする

紫外線って本当に身体の敵ですね~ 紫外線防止をしましょう!

コレを自然現象と思わないでください。
ここでケアするかしないかが凄く大切だと私は思います。

 

サロンオススメメニュー

ヘッドスパ 頭皮環境を整えます! 

トリートメント 髪の毛の芯からうるおいをあたえます!

秋に頭皮、髪の毛をいたわって下さい!

 

ホームケアは洗い流さないトリートメントで!

人気NO1 CMC003

NEWアイテム MILK003+

NEWアイテム MILK003